スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝蓋骨脱臼の記録

ここには書いてませんでしたが、実はボブは膝蓋骨脱臼の治療中でした。
当初は自分の中で知識もなく、気持ちの整理もできてなかった状況でここに書くのに抵抗がありました。
個人的に毎日記録していたのですが、もうかなり回復してきているし、
ボブが膝蓋骨脱臼してからネットで情報を集めるうえで経験者の方のブログがかなり
参考になったのでここに公開(というほどのものでもないけど)することにしました。


公開するつもりもなくただ毎日いきおいで記録として書いたのでかなりの雑文なのですけど、
良かったらどうぞ~。


9月24日
ボブの右足の調子が悪い。
数週間前に手術したあと安静生活をしていた時に筋肉が落ちたことが原因?
一度かかりつけの先生に見てもらい、膝蓋骨脱臼との診断でサプリをもらう。
でもこの前の日あたりから悪化。
足をひきずることが多い。
そして一度座ったり寝たりして立ち上がると、100%脱臼している感じ。
絶対にひきずっている。
夫婦でかなり話し合い、悩み、いろいろ調べた結果、家から車で20分ほどの病院が関節で有名らしい。
本当は横浜の関節で有名な病院に行きたがったが、片道1時間半はヨシとしても
早朝に行って整理券を受け取っても数時間待ちらしい。
それはそれでボブに負担がかかるし・・・。
かなり調べたけど、関節の名医と言われる先生はみな手術前提。
我が家は絶対手術は避けたい。
ボブはもう2度も全身麻酔をかけている。
前回が大丈夫だったとはいえ今回も大丈夫とは限らない。
そしてなによりも術後の大変さを、前回の手術で体験したばかり。
だから今回はなによりも、リハビリなどを重視する獣医選びに奔走した。

見つけた病院にこの日さっそく行ってみる。
名医の院長不在で、若い男の先生。
ちょっと不安だったけど、とても熱心な人だった。
触診、レンドゲンなどの結果、膝蓋骨脱臼のグレード1か2。
私的にはつねにはずれてるようにみえて、グレード3くらいかと思っていたので
とっても安心した。
最終的な治療方針は院長が決めるらしく、5日後の月曜日に院長の診療予約を取る。 最初は若い先生で不安だったけど、院長にみてもらわなくてもいいかなと
思うくらい、とても献身的でやさしくいい先生だった。
とりあえず今日からレーザー治療とマッサージ。
レーザー治療の間は飼い主はブラブラしながら待つ。
その後家でのマッサージ方法を習う。
足の屈伸運動を1回200回を1日2セット。
大変かな?と思ったけど、意外にも3、4分で終わるのでラクチン。
あとは漢方の痛み止め。

診察と治療で2時間くらいかかった。

ここで見てもらって、私の不安は取り除かれ、行く前と後だとかなり気持ちが違った。 飼い主の不安を上手にとりのぞけるのは、いい先生の条件かもしれない。

心配性の飼い主が、背骨のレンドゲンなども頼んだため
本日のお会計2万円超え。

次のレーザーは明後日。



9月25日
昨日の夜は調子良さそうに見えたボブの足が、今日は1番状態が悪い。
散歩にでてしばらくするとつねに左足をひきずっている。
これは関節がはずれているのか?
でもグレード1か2なのでつねにはずれていることはないはず・・・。
昨日のレンドゲンでわかったことは、痛みはないがはずれた時違和感があるため
そちらの足をかばう。そして筋肉がつかない。
レンドゲンで見た左右の筋肉の付き方がかなり違う。
今日のこのビッコ(これってダメな言葉だよね。笑)は、かばっているからなのか? 明日くわしく聞いてみよう。

とにかく手術は回避したい。(今はする必要ないけれど)
もう手術はイヤ。これは夫婦同じ気持ち。
お金も時間もかかっても、とにかくボブに負担がない方法で治療したい。

今日のボブは右足を痛そうにして横になっているのに、安静にしなきゃいけないのに、やっぱり私が動くとついてまわっちゃう。
かわいいかわいいストーカー。 大人しくしておくれ。

追伸
深夜足の調子は少し回復した感じ。
いつだってボブのことで我が家は一喜一憂だ。
家の中の雰囲気が、カラフルになったりモノクロになったりする。




この日まで関節のためにやっていた対策は・・・
サプリメント(ボマジール・ネイチャーベッドのグルコサミンの2種類)
関節に良い食べ物(鳥手羽スープなど)

サプリは合う合わないがあると思うので、いろいろ試すことに。
とりあえず有名なグルコサミン350と、サメのパウダーを注文してみた。
食べ物も、筋肉をつけるためササミを多めに与えることにしよう。
そして鳥手羽スープももっと煮込んでコラーゲンがたくさん出るようにしてみよう。 そういえば病院で、軟骨もいいというのを見た。
明日鳥軟骨を買いに行こう。
飼い主たちにできる事はすべてしてあげたい。可能性のあることは試してみたい。
わらにもすがる気持ちってこういうことなのだな~。
初めての気持ちだ。

9月26日

レーザー治療の日。
今日はまあまあ調子が良い。
30分ほど散歩してから病院へ。
昨日かなり調子が悪かったことなどを相談し、歩き方をみてもらうため
先生と外へ。
するとさっきまで大丈夫だったのに、また昨日のおかしな歩き方をした。
先生が歩き方を見たところ、右足をかばっているため体が傾いているとのこと。
とりあえずそのままレーザー治療に。
30分後に再び先生と話す。
先生もできれば避けたいけれど、3日だけ痛み止めの強めの薬を飲むことに。
このままだとどんどん筋肉が偏るし。
痛み止めは吐きやすいらしく、一緒に吐き気止めも飲むことになった。

ここの病院は待ち合い室で会う人すべてのワンコが、レーザー治療中の飼い主さん。 同じ病気の飼い主さんと話すととっても勇気づけられる。
今日あったワンコはグレード4のひどい状態だったのが、手術なしでほとんど
回復したらしい!
ボブは1か2だから軽いし、きっと治ると思う。

とっても優しい先生で、保険の相談もできる。
アニコムは20回だけど絶対足りないので、使う日と使わない日を選ぶことにした。 今日は使ったほうがいいですよ、と言われて使用。
爪切り、肛門線をお願いし、陥没しっぽに使用する消毒液などももらう。

本日のお会計、たしか6000円ほど。

次は月曜日の院長がいる日に行く予定だったけど、自ら志願して(笑)
明日もレーザーを受けにいくことになった。

強い薬を3日間使うことになったので、肝臓の負担を軽減するために
今日から夕ご飯のおじやにシジミのだし汁をかける。
こういうふうに食事でサポートしたりすることは、飼い主にできる数少ないこと。
栄養の勉強ももっとしなくっちゃ!


膝蓋骨脱臼になって・・・
ボブは今までいろいろ病院通いが続いている子だったけど、今回のことは
最初かなり落ち込んだ。
小さい時ずっとおなかが弱くて病院通いだったけど、それはパピーによくあること。実際今はとっても強くなった。
この前の足裏の腫瘍は、みんなその菌をもっていてボブはたまたま腫瘍がでたって話だったから、運が悪かったな~って感じ。
夏には3回もおなか壊したけど、どれも食中毒。(たぶん散歩中に雨水なめたり?おしっこなめたり?)
あとは目のケガも運が悪かったって感じ。

でも今回のことはボブの先天性のもの(たぶん)で、一生の付き合い。
本当の持病だ。
だからきっと落ち込んだのだろうな~。
でも切り替えが早いので、次の日にはもう落ち込んでなかったけど。笑
多角的に物事をみれば、本当に落ち込むべきことってほとんどないと思う。 

はじめて右足がおかしくなった数週間前、夫と二人暗い気持ちになっていた時、
『もちろん足が悪くなるのはいやだし健康がいいけど、もし万が一歩けなくなってもボブはこんなに愛されてるしかわいがられてるしきっと幸せだよ』と
夫に言われた。

夫よ!その通りだ!

9月27日

レーザー治療受ける。
今日はずっと調子が良い。
薬が効いているのか?
ということは今まで痛かったのか?そう思うと不憫だ。

病院前に軽く散歩してからレーザー。
今日は違う先生だった。
女の先生だったけど、この人のほうが経験豊富な感じかな?

ボブの歩き方を見て、やはり右に力は入っていないけど
なんと!すでに回復の兆しが。
昨日は触ったらすぐはずれてた膝が、今日は外れなかったらしい。
ボブ~!えらいぞ!

帰宅後張り切って屈伸運動をさせた。
いちおう我が家は、散歩してからレーザー。
温まっているうちにそのまま屈伸運動というコースになりつつある。
なんだか効きそうだから。

そして本日からグルコサミン350開始。
症状がでてる時は多めに、とのことなので
2粒のところを4粒あげた。
でも11キロ未満が1日1粒、11キロ以上は4粒なので
ボブが11キロ近いしもっとあげてもいい気がする。


ボブは足が絶好調らしく今は大騒ぎしている。
この大騒ぎが『元気な証拠』と嬉しく思う。

次の病院は明後日の院長に見てもらう日。

9月28日

ボブの足は絶好調!
全然ひきずらないし、右足にもずいぶん力が入っていて、パッと見にはもうほとんどわからない。
足の屈伸運動をしても、ほとんどポキポキならない。(最初はなりまくりだった)
いいね~いいよ~ボブ~。

昨日からグルコサミン350をあげているけど、今朝からちょっとうんちがゆるめ。 慣れない食べ物だからかな? 
今日サメパウダーが届いたのであげたかったけど、とりあえずグルコサミン350におなかが慣れるまではおあずけかな~?

本日で痛み止めの薬も飲み終わった。
1度も吐く事もなかった。
この薬のおかげで足の調子いいのかな?
明日どうなってるかがちょっとドキドキ。

9月29日

今日からサメパウダーも追加。

今日は初めて院長先生にみてもらった。
くわしい説明を受ける。

膝蓋骨脱臼は、関節の病気と思われがちだけど実は筋肉の病気。
筋肉が萎縮しているために関節に異常が起こる。
院長の見解では、限りなくグレード1に近いグレード2。
実はグレード3、4までいくと痛みを感じないらしいのだけど、
治る段階では必ず痛みを伴うらしい。
要するにずっとはずれていると痛くないけど、はずれたりはまったりする時は
痛いらしい。

ボブの筋肉萎縮は左の足もあるらしいので、今日から左も屈伸運動。

でもこの病院に行く前と比べると、この数日で嘘みたいに回復している。
もう寝起きに足をひきずることもないし、つねに綺麗に歩いている。

レーザーが効いたのか?
屈伸が効いたのか?
とにかく良かった。

引き続き漢方の痛み止めを飲むことに。
ついでに血液検査もお願いする。

そしてフィラリアの薬の相談。
ここの病院は、『ワクチンやフィラリアの薬が関節に悪影響がある場合があるので
相談してください』と張り紙があるのだ。
毎月1日に薬を飲んでいるのでそろそろだな~と相談すると、
今までとは違うものをすすめられる。
『モキシデック錠』という薬は『フィラリア予防薬の中では容量が極めて微量で、
フィラリア幼虫に対し強力な殺虫効果を発揮します』とのことなのでそれを処方してもらう。

同じくボブはそろそろワクチンの時期でもあるので相談。
次回前回のワクチン証明で打ったワクチンを確認しつつ、1番影響のないものを選んでくれるらしい。

私的には週2か3でもレーザーに通う勢いだったけど、週に1回でいいですとのこと。 え?いいんですか?といかにももっと通いたい顔をしてたら、『痛みがあるようなら・・・』と。
本当はもっと通いたいけど、週1でいいくらい軽症なのだろうと納得。


今日も病院は膝蓋骨脱臼をかかえるワンコと飼い主さんだらけ。
ここの先生はフレンチ飼いの中でも知られている横浜の有名病院の先生も修行したところらしいし、偶然だけどボブのかかりつけの病院の先生も開院前はここにいたらしい。 
説明が丁寧だし、名医と評判だし、今までいろんな獣医さんをみてきたけど
どこもいまいち納得できなかった私と夫がかなり満足度が高い。
そして、なによりなるべく強い薬を使わず、手術をせず、漢方なども取り入れてるところがいい。

ボブは腎臓の数値が前からちょっとだけ高いのだけど、今まではどこの先生もすぐに『腎臓にいい処方食!』っていっていたけど、ここの先生は
お肉あげてる?生肉?だったら問題ないよ。腎臓の数値は血液のなんとかかんとかだから(あいまい。笑)血の含まれてる肉を食べれば数値があがるし、
これは病気で数値が高いわけでもない。と言っていた。

獣医さんによってこんなに見解が違うのだから、納得できる獣医選びはとっても
大事だな~とあらためて思った。
私も病院を5軒くらい(どこも評判のいい)行って、やっと納得できる獣医さんをみつけた。  最近じゃ『こんなもんかな~?100%納得できる先生なんていないのかも』とも思ってたけど、妥協しないでよかった。

追伸 院長に前に手術をして2週間安静で、その時に筋肉がかなり落ちて、直後に脱臼がおこった話をすると、かなり顔を曇らせて『2週間安静っていうのは膝にはかなり悪いこと』と言っていた。
やっぱりあの2週間で脱臼が起こった気がしてならない。








ここまで来た方は、長い長い散文を読んでくださったのですね。笑

ボブはもう今は右足をひきずる動作はまったくありません。
治療をはじめる直前は、右足が地についている時でも力があまり入っていなかったのですが
今は触ると、ちゃんと力を入れているのがわかります。

ボブは当初行っていた病院ではじめて膝蓋骨脱臼と診断をうけた時、
『ひどくなったら手術だな~』と言われました。
もう絶対嫌だったので自分なりに調べた結果、レーザーとリハビリで治る場合も多いことを知りました。 でも実際レーザーで治療をしてくれる病院はかなり少ないです。
様々なブログをみても、ボブと同じレベルの子が手術を受けているのをよく見ます。
でもこれは筋肉の疾患なので、関節の手術をしても筋肉の萎縮を治さないと再手術になる可能性も高いのです。
しかも絶対専門医をおすすめします。
今回のことでつくづく思ったのは、『餅は餅屋』
人間のようにいろんな科がわかれていない獣医の世界で、すべての病気に精通している先生を見つけるって困難だと思います。
軽い病気ならいいけど、皮膚病や目の病気や関節・ヘルニアとかはそれを専門としている
獣医さんを見つけるべきだな~と思いました。


ボブはもう治りかけているし、元気いっぱいに走り回っています。
お散歩も普通にできるし。

なのでご心配なく~。

愛犬がこの病気で苦しんでいる飼い主さんの参考になれば幸です。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yukabob02.blog119.fc2.com/tb.php/326-9e67f280

Comment

かのこ

読みながら、とっても胸が苦しくなりました。
コメントするのも迷いましたが、これだけのお話を読ませていただいといて読み逃げ出来なかったので、すいません・・・コメントさせていただきます。

なんとなく、ボブくんの腫瘍が治ってから、何かあったのかなと気がかりでした。
ボブくんの大好きなこと(ドッグランやお散歩)をYUKAさんなら1番にさせてあげるんだろうと思っていたのですが、それをしていらっしゃらなかたみたいだったので。。。

こんなことがあったんだ・・・と読んでて、涙が出ました。
本当にボブくん頑張ったね。そしてYUKAさんご主人さまお疲れ様でした。

今はもう元気いっぱいということで、本当に本当に良かったです。

色々あるけれど、こ~んなにYUKAさんに愛されてるボブくんは本当に幸せですね!!

ボブくん、またいつものにぱっていう笑顔待ってるね(^^)
  • URL
  • 2008/09/29 22:28

TAJImama

そんな事があったとは。。。。
「家の中がカラフルになったり、モノクロになったり」って物凄く分る。
YUKAさんもパパさんももちろんボブ君も大変でしたね。

これだけ愛されていれば、ボブ君はすぐに治るはず。頑張ってくださいね。

膝蓋骨脱臼の話を昨日地元のお友達と話していたところなんです。
5ポメを飼っているお友達なのだけど、
http://luru.blog1.fc2.com/blog-entry-298.html
参考になるかもです。

  • URL
  • 2008/09/29 22:35

ちょちこ

すごくすごくYUKAさんとご主人の愛情を感じる文でした。

うちは今回の長期下痢ピーでは、こんなに詳しいことは書けませんでしたが、毎日のう○この記録だけは欠かさず行っていました。
何時にどんなう○こが出たか…ホントただのメモに書いただけなので、いつでも無くしそうなモノですが(笑)

基本的に本当にズボラでいいかげんな私ですが、チョコに関してはどんな苦労もいといません。
きっとみなさん同じなんだろうなぁ~、と色んな人のブログを読むとそう思います。

ちなみに我が家も今回お腹のサプリ&サメパウダーを購入しました。
今回整腸剤とはいえ長期に薬を服用していたので、肝臓に負担がかかってるのでは…と思いできる限り「薬を使用しない生活」を目指すため、少しずつこうしたものを摂取していくようにしました。

あ~私自身はすぐ薬に頼りますがね(笑)

bobuuu

そんな事になってるとは。
とってもドキドキしながら読んでいましたが
いまはだいぶよくなっているとの事でひとまずあんしん。

ボブくんはYUKAさんと旦那様にとーーても愛され幸せモンデス。
愛のパワーで早く治ちゃうはず。
ボブくんもYUKAさん達も頑張ってくださいね。
  • URL
  • 2008/09/29 22:59

YUKA

>かのこさん

胸が苦しくなっちゃいました?
えへへ。スイマセン。笑
私も脱臼がひどくなった日(その日のみ。笑)は
病院に行くまでそうとう暗い気持ちでした。
手術が頭から離れなくてね~・・・。
でも驚くほど回復が早いしもうきっと大丈夫です。

ボブの手術があり、私が体調崩しい、かわいい甥っ子が入院し、すべて片付いたからキャンプ!と思ったらこの膝蓋骨脱臼。
なんだか怒濤の日々でした。笑
でも運動は普通にしていいので、週末にでもキャンプ挑戦するつもりなのですよ~。
それくらい普通の生活です。

ご心配ありがとうございます。
  • URL
  • 2008/09/29 23:03

YUKA

>TAJImamaさん

こんなことになってました~。

でもお散歩もオッケーだし、今日は先生から運動は普通にしていいと言われたので、週末キャンプデビューを狙っているくらい普通の生活です。
短期間でここまで回復したのはかなり驚きです。

ポメちゃんの飼い主の方のブログみてみます!
同じ病気の方の治療の話とかかなり参考になるし
勇気がでるのですよ~。

  • URL
  • 2008/09/29 23:06

YUKA

>ちょちこさん

そうそう!
私もね日記なんてつけたことないし、このブログですら
自分で驚きですよ。
自分のことなんて本当に適当だし、ズボラです。笑
やっぱり守るべきものに対してはちゃんとできる自分を知りましたよ。笑

ボブは前回薬を多用していた時期に一時的に肝臓の数値があがりました。
今回も強い薬と効いたので、のみ終わったところで検査してもらったのですが、むしろ低いくらいでした。
これはもしかしたらシジミのスープのおかげかな?と思っています。
スープというかダシをとっただけですけど、もし肝臓の調子が悪いなら試してみる価値ありかもです!
  • URL
  • 2008/09/29 23:09

YUKA

>bobuuuさん

ドキドキしました?
ムフフ・・・笑

もうね普段はまったくはずれないし、ビッコもひきません。  まったく普通の生活です。
これからは屈伸運動で萎縮した筋肉を鍛えるっていう
・・・・私たちの手にかかってます!笑
  • URL
  • 2008/09/29 23:12

yuka

そうだったんですか…
ホント、愛犬のことで一喜一憂。ホントにホントによくわかります。

ジャスも膝蓋骨脱臼です。
とっても参考になりました。
レーザー治療というのは関節にレーザーをあてて滑らかにするということなの?
ジャスは最近は随分良いようですが、寝起きなどはやっぱりぎこちない歩き方です。
自分で足を伸ばすと、歩き方がぎこちなくなくなるので、痛いというよりは脱臼状態なんだと思う。
普段歩いている時にも、ビッコになることは ないんだよね…

YUKAさんの家から近いということは…ウチからはちょっとありそうだな・・・でも、一度見てもらおうかと思いました。
私も、体にメスを入れるということと、短時間でも麻酔をかけるということにとでも抵抗を感じるのでなかなか積極的な治療ができず、サプリメントで対応してます。
後ほどメールします。

ボブくん!!たくさんの愛情で治癒に向かってて良かったね~~♪
もうちょっと治療なのかな?頑張ってね!

YUKA

>yukaさん

私もジャスくんが膝蓋骨脱臼してるなんて知らなかったので、ちょうどブログをみて驚いたのですよ。

レーザー治療は萎縮した筋肉をほぐすものです。
関節じゃなく筋肉の疾患なので、とにかく筋肉の萎縮を治す治療です。
屈伸運動も簡単だけどかなり効果があると思います。
仰向けでも横向きでも立ったままでもいいのですけど、足を屈伸させる運動です。

ジャスくんの寝起きがぎこちなく、伸びをすると治るのは典型的な症状ですよね。
我が家もそうでした。
寝てる時にはずれて、伸びをして自分で関節を入れてるらしいです。
でもレーザーと屈伸運動を初めて3、4日でそれもなくなりました。

うちのほうはちょっと遠いですよね。
ジャスボニ家周辺で、レーザー治療してるところ
私もさがしてみます!

  • URL
  • 2008/09/30 00:46

miya

予期せぬ報告だったのでドキドキしましたが
YUKAさんの中ではすでに消化済みのようで良かったです。
筋肉が衰えるというのは怖いことなんですね。
私も夏の間かなり散歩サボってたので反省・・・
しかし、ブヒって大なり小なり、何かしら体にトラブル抱えてる子の多いこと!
うちも最近皮膚トラブルに悩まされっぱなしです。
本人はケロッとしてるのが救いなんですけどね~^^
可愛い息子に翻弄されっぱなしですが
お互い頑張りましょうね!
  • URL
  • 2008/09/30 01:08

ミニおじさん

はじめまして。家の桜子も膝蓋骨脱臼です。診断された当初は僕がとても落ち込み色々と悩みました。9か月の時に歩く時に腰辺りがポキポキなっていることに気が付き、病院に行きグレード2と言われました。
僕の行ってる病院では治ることはもうないから悪化させないことが大事と言われました。とはいえ、まだ10か月で今が遊びたい盛りでボール遊びや犬と遊ぶことが好きな桜子にはとても可哀想だなと思っています。
僕自身もまだまだ膝蓋骨脱臼のことで勉強中です。
ボブくんの回復ぶりを見ていたらなんか自信が湧いてきて桜子も絶対回復できるような気になりました!
手術以外にレーザー治療があるとは知りませんでした。僕も手術は望まないので...
もしよろしければボブくんが通っている病院を教えてもらえませんか?よろしくお願いします。
ボブくん今後も治療がんばれ!!

YUKA

>miyaさん

散歩を少しさぼってもどうこうなる病気じゃないですから大丈夫ですよ~!
夏はあまり運動できないのはしかたないですよね。

筋肉の萎縮というのはもとの性質みたいですが
でもある程度の筋肉は大事だと思います。
とくにフレンチは体重もありますしね~。

でもボブって他の病院でレントゲンとった時も筋肉が萎縮しているって言われたことがないのです。
だから専門医のように知識がある先生って本当にすごいと思います。

オレオくんは皮膚ですもんね・・・。みんな悩みがあること・・・。
でももう涼しいし(寒い!)きっと回復しますよ~!
  • URL
  • 2008/09/30 09:41

YUKA

>ミニおじさんさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
この記録はとにかく同じ病気で悩む飼い主さんの少しでも参考になればと公開したので、自信が沸いてきたとのこと、本当に嬉しいです。

桜子ちゃんも膝蓋骨脱臼・・・お気持ちものすごくわかります。 

通っている病院は取り急ぎミニおじさんのブログに
書かせていただきました。
遠くないといいのですけど・・・。

これからも週1くらいここで経過を報告する予定です。  桜子ちゃんの脱臼も良くなるように心から願っています。

  • URL
  • 2008/09/30 09:47

shogame2

昨夜遅く このブログを読んだのですが、どうにもコメントできず、又今読み直してようやくコメントです。

ブログの更新の様子とか9月になってからの様子が何となく変で、イボのこともあったので、ちょっと気になっていました。
とにかく 今良い状態に回復してきているというのが何よりです。
ほっとしています。
ボブは、ずっと我が息子のほんのちょっと先を行く先輩で、何かあると我が子のことのように気になる存在ですから。
昨夜なんか、大丈夫らしいと分かっても、二人でなんだか暗くなってしまいました。

うちでも病院に行くと先生が必ず関節の様子を見て「ちゃんとはまっていますね」って仰ってくださいます。その言葉を聞くと別に何があるというわけでもないのにホッとします。
この記事を読んで、そう言うことだったんだと初めて知りました。
フェラリアのお薬、ウチも同じ物なのでほっとしています。
それと、我が家今、抗生物質を毎日飲んでいます。
皮膚病のためなのですが、もちろん先生が気をつけてくれているとは思いますが、肝臓への影響が主人も私もとても気になっています。シジミのだし汁、肝臓に良いの?
すみません。こちらの事で。

まだまだ治療は続くのでしょうか。
これから寒くなるし、人間も関節とか寒さに弱いですよね。
筋肉が付いてくれば、大丈夫なんでしょうか。
気になることばかりで・・・・。
お二人が付いているので、ボブも安心だとは思うのですけど。
  • URL
  • 2008/09/30 10:00

ミニおじさん

教えてくれてありがとうございます!練馬ですか。1回行ってみようと思います。
今地元の病院に行って帰ってきました。
今日は関節は外れていませんでした。家で出来るリハビリをするように言われ、プールで鍛えてみます。今できることはすべてやってみます!経過報告楽しみにしてます。
YUKAさん、ボブくんこれからもよろしくお願いします!
桜子もボブくん目指して頑張ります(^.^)

たつき

ボブ、膝蓋骨脱臼だったんだね><
文章の下の方にたどり着くまで、どきどきして
読みました。
でも読んでいくうちに、ボブがどんどん回復していく様子がわかったので安心しました。

ボブ~、もうちょっとの間治療がんばってね^^
  • URL
  • 2008/09/30 12:53

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/09/30 13:46

YUKA

>shogame2さん

ウフフ~。なんかコメントしづらいですよね。
そういうこともあってとりあえず良くなるまでここにかけなかったのですよ~。心配かけますしね。

shogame1さんと二人で暗くなったなんて・・・
なんだかね微笑ましくて笑ってしまいました。(笑うとこじゃないけど!笑) そんなにご心配いただいて本当にありがとうございます。

ボブは前に抗生物質を飲んでいた時期に肝臓の数値が高かったのですよ。 それで手作り食の本でシジミやアサリが肝臓にいいっていうのを見て(人間と同じですね)、フィラリアの薬を飲んだり薬を飲む時期は
シジミのだし汁をご飯にかけてあげています。(身はナシで) 今回3日間服用した薬はかなり強いと言われたので心配になって血液検査を頼んだのですけど、
シジミのおかげかはわかりませんが肝臓の数値はゼロでした。0~7が正常なのでかなりいい感じでした。
なにが良かったかっていうのは薬じゃないのでわかりにくいのですけどね~。

そうそう寒いよりはやっぱり暖かいほうが関節にはいいみたいです。 これからは冷えには気をつけないといけませんね。
筋肉をつけるというか、筋肉を萎縮しているので
それをほぐす感じ?だと思います。
そうすれば自然に関節の位置が正しくなり、はずれることはなくなると思います。
とりあえず毎日の屈伸運動と週1のレーザーだけでいいので一安心です。
もしいづれ治っても心配性なので2週間に1回くらいは通うだろうし、屈伸運動も毎日続けるつもりなのですけどね。笑

とにかく今はもう本当に普通に過ごせるし、はずれることはほとんどないので大丈夫です。
ご心配おかけしました~。

  • URL
  • 2008/09/30 18:11

YUKA

>ミニおじさんさん

参考になって良かったです。
練馬といっても吉祥寺の駅から車で10分かからない距離です。 武蔵野と練馬の境界線あたりです。

桜子ちゃんはずれなくなったようで良かったです!
我が家も屈伸運動とレーザーだけでここまで来たので
屈伸運動は本当に大事なのかもしれません。
プールいいですね~! いろんな方のブログで関節に良いというのを見ます。
我が家から近くにはワンコ用のプールはないので
砂浜で歩いてみるのもいいかな~と思っているところです。 お互いの愛犬がもっともっと良くなりますように。
  • URL
  • 2008/09/30 18:15

YUKA

>たつきちゃん

もうさ~こんなことになってたのよ。
だからこの前家の中に入ってもらわなくって・・・ごめんね~。 興奮すると飛びかかるから関節によくないからさ~。あの時期は1番ひどかったし。

こんな感じだったから今度預かってもらうっていうのもかなりかなり心配で悩んだんだけど、もう大丈夫だからよろしく~!

  • URL
  • 2008/09/30 18:17

しーちゃん

読み始めは何があったんだろう~と心臓がドキドキしました。

最後まで読んで順調に回復してる事を知り、心からホッとしています。

YUKAさんとダンナ様、どんなにか辛かったでしょうね。

私が生後半年でチョコが獣医さんに、この子の目はいずれ見えなくなりますと言われた事を思い出しました。飼い主にとって我が子の病気はホントに辛いですね。

会った事がないボブ君!
1年もブログ読んでると、まるで我が子のように心配です。
早く元気に走れ回れるようになれば良いね!
  • URL
  • 2008/10/01 23:34

YUKA

>しーちゃん

とりあえず今はもう飼い主の目から見ると完治したように見えるくらい回復してるよ。
ありがと~。


  • URL
  • 2008/10/02 20:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/10/06 15:50

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

YUKAーO

Author:YUKAーO
ボブ 

スペシャルかわいいフレンチブルドッグの男の子。
究極の甘えん坊で、我が家の永遠の赤ちゃんです。

食べることと公園と抱っこ大好き。

ただただボブのかわいさをだらだらのせるブログ。
有益な情報特になし。

いくつになったの

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。