スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな不機嫌顔もできます。

こんなおっさんみたいな顔をします。
IMGP8387.jpg

なにをしてそうなるかというと・・・

イッチニー
IMGP8391.jpg

イッチニー
IMGP8392.jpg



朝の足の屈伸中。
痛くもかゆくもないけど、体が温まった時にしたいのでいつもねむ~くなって体がポカポカした時を狙ってするのです。
なのでこの顔。
ウトウトしてたらいきなり始まる屈伸。
そりゃ嫌だろうけど、こんな不機嫌顔しなくてもね~・・・。

終わって夫にベッタリ中。
IMGP8395.jpg



これはなに・・・?
不思議だな~。
IMGP8409.jpg

この顔、垂れ眉に見えるシワとベロがなんともいい感じの表情だと思うのです。
IMGP8405.jpg



今日は小雨の中お散歩行ったから洗うつもりだったのに、やっぱりいいや~となりました。
あぁ・・・どんどん麻痺している嗅覚・・・。
というか香ばしいボブが好き・・・。

ちなみにボブが前回の手術で長く洗わなくてわかったこと。

体臭は
香ばしい→すっぱい→しょっぱい と変化する。

すっぱいを通り越すとけっこういい香りになるんですよ。
勇気ある方はお試しを。




*オマケ*

ハロウィンなので。

IMGP8410.jpg

IMGP8411.jpg



スポンサーサイト

膝蓋骨脱臼の記録

ここには書いてませんでしたが、実はボブは膝蓋骨脱臼の治療中でした。
当初は自分の中で知識もなく、気持ちの整理もできてなかった状況でここに書くのに抵抗がありました。
個人的に毎日記録していたのですが、もうかなり回復してきているし、
ボブが膝蓋骨脱臼してからネットで情報を集めるうえで経験者の方のブログがかなり
参考になったのでここに公開(というほどのものでもないけど)することにしました。


公開するつもりもなくただ毎日いきおいで記録として書いたのでかなりの雑文なのですけど、
良かったらどうぞ~。


9月24日
ボブの右足の調子が悪い。
数週間前に手術したあと安静生活をしていた時に筋肉が落ちたことが原因?
一度かかりつけの先生に見てもらい、膝蓋骨脱臼との診断でサプリをもらう。
でもこの前の日あたりから悪化。
足をひきずることが多い。
そして一度座ったり寝たりして立ち上がると、100%脱臼している感じ。
絶対にひきずっている。
夫婦でかなり話し合い、悩み、いろいろ調べた結果、家から車で20分ほどの病院が関節で有名らしい。
本当は横浜の関節で有名な病院に行きたがったが、片道1時間半はヨシとしても
早朝に行って整理券を受け取っても数時間待ちらしい。
それはそれでボブに負担がかかるし・・・。
かなり調べたけど、関節の名医と言われる先生はみな手術前提。
我が家は絶対手術は避けたい。
ボブはもう2度も全身麻酔をかけている。
前回が大丈夫だったとはいえ今回も大丈夫とは限らない。
そしてなによりも術後の大変さを、前回の手術で体験したばかり。
だから今回はなによりも、リハビリなどを重視する獣医選びに奔走した。

見つけた病院にこの日さっそく行ってみる。
名医の院長不在で、若い男の先生。
ちょっと不安だったけど、とても熱心な人だった。
触診、レンドゲンなどの結果、膝蓋骨脱臼のグレード1か2。
私的にはつねにはずれてるようにみえて、グレード3くらいかと思っていたので
とっても安心した。
最終的な治療方針は院長が決めるらしく、5日後の月曜日に院長の診療予約を取る。 最初は若い先生で不安だったけど、院長にみてもらわなくてもいいかなと
思うくらい、とても献身的でやさしくいい先生だった。
とりあえず今日からレーザー治療とマッサージ。
レーザー治療の間は飼い主はブラブラしながら待つ。
その後家でのマッサージ方法を習う。
足の屈伸運動を1回200回を1日2セット。
大変かな?と思ったけど、意外にも3、4分で終わるのでラクチン。
あとは漢方の痛み止め。

診察と治療で2時間くらいかかった。

ここで見てもらって、私の不安は取り除かれ、行く前と後だとかなり気持ちが違った。 飼い主の不安を上手にとりのぞけるのは、いい先生の条件かもしれない。

心配性の飼い主が、背骨のレンドゲンなども頼んだため
本日のお会計2万円超え。

次のレーザーは明後日。



9月25日
昨日の夜は調子良さそうに見えたボブの足が、今日は1番状態が悪い。
散歩にでてしばらくするとつねに左足をひきずっている。
これは関節がはずれているのか?
でもグレード1か2なのでつねにはずれていることはないはず・・・。
昨日のレンドゲンでわかったことは、痛みはないがはずれた時違和感があるため
そちらの足をかばう。そして筋肉がつかない。
レンドゲンで見た左右の筋肉の付き方がかなり違う。
今日のこのビッコ(これってダメな言葉だよね。笑)は、かばっているからなのか? 明日くわしく聞いてみよう。

とにかく手術は回避したい。(今はする必要ないけれど)
もう手術はイヤ。これは夫婦同じ気持ち。
お金も時間もかかっても、とにかくボブに負担がない方法で治療したい。

今日のボブは右足を痛そうにして横になっているのに、安静にしなきゃいけないのに、やっぱり私が動くとついてまわっちゃう。
かわいいかわいいストーカー。 大人しくしておくれ。

追伸
深夜足の調子は少し回復した感じ。
いつだってボブのことで我が家は一喜一憂だ。
家の中の雰囲気が、カラフルになったりモノクロになったりする。




この日まで関節のためにやっていた対策は・・・
サプリメント(ボマジール・ネイチャーベッドのグルコサミンの2種類)
関節に良い食べ物(鳥手羽スープなど)

サプリは合う合わないがあると思うので、いろいろ試すことに。
とりあえず有名なグルコサミン350と、サメのパウダーを注文してみた。
食べ物も、筋肉をつけるためササミを多めに与えることにしよう。
そして鳥手羽スープももっと煮込んでコラーゲンがたくさん出るようにしてみよう。 そういえば病院で、軟骨もいいというのを見た。
明日鳥軟骨を買いに行こう。
飼い主たちにできる事はすべてしてあげたい。可能性のあることは試してみたい。
わらにもすがる気持ちってこういうことなのだな~。
初めての気持ちだ。

9月26日

レーザー治療の日。
今日はまあまあ調子が良い。
30分ほど散歩してから病院へ。
昨日かなり調子が悪かったことなどを相談し、歩き方をみてもらうため
先生と外へ。
するとさっきまで大丈夫だったのに、また昨日のおかしな歩き方をした。
先生が歩き方を見たところ、右足をかばっているため体が傾いているとのこと。
とりあえずそのままレーザー治療に。
30分後に再び先生と話す。
先生もできれば避けたいけれど、3日だけ痛み止めの強めの薬を飲むことに。
このままだとどんどん筋肉が偏るし。
痛み止めは吐きやすいらしく、一緒に吐き気止めも飲むことになった。

ここの病院は待ち合い室で会う人すべてのワンコが、レーザー治療中の飼い主さん。 同じ病気の飼い主さんと話すととっても勇気づけられる。
今日あったワンコはグレード4のひどい状態だったのが、手術なしでほとんど
回復したらしい!
ボブは1か2だから軽いし、きっと治ると思う。

とっても優しい先生で、保険の相談もできる。
アニコムは20回だけど絶対足りないので、使う日と使わない日を選ぶことにした。 今日は使ったほうがいいですよ、と言われて使用。
爪切り、肛門線をお願いし、陥没しっぽに使用する消毒液などももらう。

本日のお会計、たしか6000円ほど。

次は月曜日の院長がいる日に行く予定だったけど、自ら志願して(笑)
明日もレーザーを受けにいくことになった。

強い薬を3日間使うことになったので、肝臓の負担を軽減するために
今日から夕ご飯のおじやにシジミのだし汁をかける。
こういうふうに食事でサポートしたりすることは、飼い主にできる数少ないこと。
栄養の勉強ももっとしなくっちゃ!


膝蓋骨脱臼になって・・・
ボブは今までいろいろ病院通いが続いている子だったけど、今回のことは
最初かなり落ち込んだ。
小さい時ずっとおなかが弱くて病院通いだったけど、それはパピーによくあること。実際今はとっても強くなった。
この前の足裏の腫瘍は、みんなその菌をもっていてボブはたまたま腫瘍がでたって話だったから、運が悪かったな~って感じ。
夏には3回もおなか壊したけど、どれも食中毒。(たぶん散歩中に雨水なめたり?おしっこなめたり?)
あとは目のケガも運が悪かったって感じ。

でも今回のことはボブの先天性のもの(たぶん)で、一生の付き合い。
本当の持病だ。
だからきっと落ち込んだのだろうな~。
でも切り替えが早いので、次の日にはもう落ち込んでなかったけど。笑
多角的に物事をみれば、本当に落ち込むべきことってほとんどないと思う。 

はじめて右足がおかしくなった数週間前、夫と二人暗い気持ちになっていた時、
『もちろん足が悪くなるのはいやだし健康がいいけど、もし万が一歩けなくなってもボブはこんなに愛されてるしかわいがられてるしきっと幸せだよ』と
夫に言われた。

夫よ!その通りだ!

9月27日

レーザー治療受ける。
今日はずっと調子が良い。
薬が効いているのか?
ということは今まで痛かったのか?そう思うと不憫だ。

病院前に軽く散歩してからレーザー。
今日は違う先生だった。
女の先生だったけど、この人のほうが経験豊富な感じかな?

ボブの歩き方を見て、やはり右に力は入っていないけど
なんと!すでに回復の兆しが。
昨日は触ったらすぐはずれてた膝が、今日は外れなかったらしい。
ボブ~!えらいぞ!

帰宅後張り切って屈伸運動をさせた。
いちおう我が家は、散歩してからレーザー。
温まっているうちにそのまま屈伸運動というコースになりつつある。
なんだか効きそうだから。

そして本日からグルコサミン350開始。
症状がでてる時は多めに、とのことなので
2粒のところを4粒あげた。
でも11キロ未満が1日1粒、11キロ以上は4粒なので
ボブが11キロ近いしもっとあげてもいい気がする。


ボブは足が絶好調らしく今は大騒ぎしている。
この大騒ぎが『元気な証拠』と嬉しく思う。

次の病院は明後日の院長に見てもらう日。

9月28日

ボブの足は絶好調!
全然ひきずらないし、右足にもずいぶん力が入っていて、パッと見にはもうほとんどわからない。
足の屈伸運動をしても、ほとんどポキポキならない。(最初はなりまくりだった)
いいね~いいよ~ボブ~。

昨日からグルコサミン350をあげているけど、今朝からちょっとうんちがゆるめ。 慣れない食べ物だからかな? 
今日サメパウダーが届いたのであげたかったけど、とりあえずグルコサミン350におなかが慣れるまではおあずけかな~?

本日で痛み止めの薬も飲み終わった。
1度も吐く事もなかった。
この薬のおかげで足の調子いいのかな?
明日どうなってるかがちょっとドキドキ。

9月29日

今日からサメパウダーも追加。

今日は初めて院長先生にみてもらった。
くわしい説明を受ける。

膝蓋骨脱臼は、関節の病気と思われがちだけど実は筋肉の病気。
筋肉が萎縮しているために関節に異常が起こる。
院長の見解では、限りなくグレード1に近いグレード2。
実はグレード3、4までいくと痛みを感じないらしいのだけど、
治る段階では必ず痛みを伴うらしい。
要するにずっとはずれていると痛くないけど、はずれたりはまったりする時は
痛いらしい。

ボブの筋肉萎縮は左の足もあるらしいので、今日から左も屈伸運動。

でもこの病院に行く前と比べると、この数日で嘘みたいに回復している。
もう寝起きに足をひきずることもないし、つねに綺麗に歩いている。

レーザーが効いたのか?
屈伸が効いたのか?
とにかく良かった。

引き続き漢方の痛み止めを飲むことに。
ついでに血液検査もお願いする。

そしてフィラリアの薬の相談。
ここの病院は、『ワクチンやフィラリアの薬が関節に悪影響がある場合があるので
相談してください』と張り紙があるのだ。
毎月1日に薬を飲んでいるのでそろそろだな~と相談すると、
今までとは違うものをすすめられる。
『モキシデック錠』という薬は『フィラリア予防薬の中では容量が極めて微量で、
フィラリア幼虫に対し強力な殺虫効果を発揮します』とのことなのでそれを処方してもらう。

同じくボブはそろそろワクチンの時期でもあるので相談。
次回前回のワクチン証明で打ったワクチンを確認しつつ、1番影響のないものを選んでくれるらしい。

私的には週2か3でもレーザーに通う勢いだったけど、週に1回でいいですとのこと。 え?いいんですか?といかにももっと通いたい顔をしてたら、『痛みがあるようなら・・・』と。
本当はもっと通いたいけど、週1でいいくらい軽症なのだろうと納得。


今日も病院は膝蓋骨脱臼をかかえるワンコと飼い主さんだらけ。
ここの先生はフレンチ飼いの中でも知られている横浜の有名病院の先生も修行したところらしいし、偶然だけどボブのかかりつけの病院の先生も開院前はここにいたらしい。 
説明が丁寧だし、名医と評判だし、今までいろんな獣医さんをみてきたけど
どこもいまいち納得できなかった私と夫がかなり満足度が高い。
そして、なによりなるべく強い薬を使わず、手術をせず、漢方なども取り入れてるところがいい。

ボブは腎臓の数値が前からちょっとだけ高いのだけど、今まではどこの先生もすぐに『腎臓にいい処方食!』っていっていたけど、ここの先生は
お肉あげてる?生肉?だったら問題ないよ。腎臓の数値は血液のなんとかかんとかだから(あいまい。笑)血の含まれてる肉を食べれば数値があがるし、
これは病気で数値が高いわけでもない。と言っていた。

獣医さんによってこんなに見解が違うのだから、納得できる獣医選びはとっても
大事だな~とあらためて思った。
私も病院を5軒くらい(どこも評判のいい)行って、やっと納得できる獣医さんをみつけた。  最近じゃ『こんなもんかな~?100%納得できる先生なんていないのかも』とも思ってたけど、妥協しないでよかった。

追伸 院長に前に手術をして2週間安静で、その時に筋肉がかなり落ちて、直後に脱臼がおこった話をすると、かなり顔を曇らせて『2週間安静っていうのは膝にはかなり悪いこと』と言っていた。
やっぱりあの2週間で脱臼が起こった気がしてならない。








ここまで来た方は、長い長い散文を読んでくださったのですね。笑

ボブはもう今は右足をひきずる動作はまったくありません。
治療をはじめる直前は、右足が地についている時でも力があまり入っていなかったのですが
今は触ると、ちゃんと力を入れているのがわかります。

ボブは当初行っていた病院ではじめて膝蓋骨脱臼と診断をうけた時、
『ひどくなったら手術だな~』と言われました。
もう絶対嫌だったので自分なりに調べた結果、レーザーとリハビリで治る場合も多いことを知りました。 でも実際レーザーで治療をしてくれる病院はかなり少ないです。
様々なブログをみても、ボブと同じレベルの子が手術を受けているのをよく見ます。
でもこれは筋肉の疾患なので、関節の手術をしても筋肉の萎縮を治さないと再手術になる可能性も高いのです。
しかも絶対専門医をおすすめします。
今回のことでつくづく思ったのは、『餅は餅屋』
人間のようにいろんな科がわかれていない獣医の世界で、すべての病気に精通している先生を見つけるって困難だと思います。
軽い病気ならいいけど、皮膚病や目の病気や関節・ヘルニアとかはそれを専門としている
獣医さんを見つけるべきだな~と思いました。


ボブはもう治りかけているし、元気いっぱいに走り回っています。
お散歩も普通にできるし。

なのでご心配なく~。

愛犬がこの病気で苦しんでいる飼い主さんの参考になれば幸です。



一丁前

めずらしく携帯カメラでとってみた。
080928_131603.jpg

ここはどこ?
080928_131712.jpg



今日は車の点検へ。
もちろんボブちんも一緒に~!
待ってる間お散歩しようかな?と思ったけど、店内に入ってもいいそうなので
ボブも一緒にお店へ。

知らないところだととりあえずキョロキョロしながらも、けっこう大人しい。
なんかこの子って、知らない室内が苦手っぽい。
小さい頃は、ペットサロン、病院、人の家にいくともうブルブル震えて大変でした。

でも出された人間の飲み物と、若い女の店員さん(パグ飼いの犬好き)には
大興奮。
IMGP5228.jpg

途中ちょっとお散歩しつつ、1時間半の待ち時間。
ボブおつかれさま~。
IMGP5224.jpg


こういうところにまで一緒に行って、それをボブも当たり前な感じで受入れていて
ごく普通に待ってるなんてなんだか一丁前で笑っちゃいます。

なにがこわい?

今日ももちろんかわいこちゃん。

このおもちゃで遊んでる時のボブは、規則正しい動きを繰り返して、まるで仕事をしているよう。 布を織ってるように見えておもしろい。
IMGP5185.jpg


今日もしつこく撮りまくり。

IMGP5200.jpg

IMGP5201.jpg

IMGP5204.jpg

IMGP5205.jpg

この足・・・
IMGP5212.jpg

たまんない・・・
IMGP5217.jpg



食いしん坊で甘えん坊なボブちんですが、どちらもかなりの重症です。
最近は薬もボリボリよく噛んで食べます。笑

そしてつねに私にベッタリ。
寒くなってきたので、これがまたかわいさ倍増なんです・・・。
いつもイチャイチャしてます。


昨日はこれを作っている間中、私の足下で座ったまま寝てました。
出来上がったので部屋を真っ暗にしてつけてみると、ものすごく怖がって
しがみついてきました。

しばらくしてからもう一度チャレンジすると、ボブがいない!
真っ暗な中で黒い子って全然見えないものですね。
電気をつけてみると、トイレに逃げて呆然としてました。
いったいなにがこわいの?

せっかく作ったのに見れません。

復活

今回の風邪は長引いた~~~。
もう完全復活ですっ。
ご心配おかけしましたー。




ー本日のボブの様子ー


つまんない・・・
IMGP5083.jpg

どこいくの?
IMGP5111.jpg

久々の公園
IMGP5118_20080923205648.jpg

逆光に輝くボブ
IMGP5123.jpg

とっても嬉しそう!
IMGP5128.jpg



手術の傷が治ってようやく大きな公園行ける~って時に私が体調崩して、ずいぶん待たせちゃいました。
夫なんてボブの看病がやっと終わって遊べる!って思ったら、私の看病。
私の看病ってことは、ボブの面倒も旦那さん。
ご飯も散歩も感謝です。(といってもご飯は、おかゆ、野菜ペースト、鳥手羽スープ、お肉類は各自用意してあるのでしてあるのでそれを解凍して混ぜるだけなのですけどね)

もうかなーりのんびりさせてもらいました。



カ・・・カワイイ!!
IMGP5162.jpg

もぉ~こんな顔したら、これから毎日連れてきたくなっちゃう!笑
IMGP5166.jpg


こんなにいい顔して、楽しそうで、このまま気分良く帰りたいのに、
帰りはやっぱりコレ。
『かえりたくないの』なボブちん。
IMGP5176.jpg


たまには楽しく笑顔で終わろうよ~!って思っちゃいます。



さぁ~~~!私も治ったしそろそろ今週中にでもキャンプかな~?(しつこい)

ザンネンな子?

久々に風邪をこじらせている私。
回復しつつあるからこのまま治って、明日のこれには行きたいな~。

昨日までかなりグッタリだったのですけど、私はワンコというものは飼い主が具合悪い時には
気遣い、寄り添い、労るものだと思ってました。

ボブは・・・


ボブは・・・・


ゴロンと横になってる私におもちゃを押しつけ・・・
つねに
『だっこ~』
『あそぼ~』
でした。


飼い主の体調不良の時ですら癒せないなんて、セラピードッグには絶対なれないですよね~。



IMGP5048.jpg

IMGP5052.jpg

IMGP5057.jpg

IMGP5060.jpg

IMGP5078.jpg

甘えん坊

基本顔
IMGP4982.jpg

ちょい白目顔
IMGP4983.jpg

持つのが面倒になってきた顔
IMGP4986.jpg

ますます面倒に
IMGP4987.jpg


そして・・・



もって
IMGP5002.jpg

ねぇ これもってよぉぉぉ
IMGP5005.jpg

もって!!
IMGP5013.jpg




ボブって本当に甘えん坊なんです。
だって我が家って、『寝かしつけ』するのですよ。

眠くなると足下にやってきて『ねかせて~』というのです。
それで抱っこして寝かせて、ソファに運ぶのです。
まだ熟睡してない時は、再び足下にきて『おきちゃったよ~。ねかせておくれよ』
っていうので、同じことを再び。

足下にきても抱っこを拒否する時は、一緒にソファでゴロンとしてほしい時。
『ねむいからそばにいておくれよ~』って誘いにくるわけです。
私がソファに行くと、急いで着いてきてペッタリくっついて自分の場所キープ。


これを1日に何度か。

あぁ・・・甘い飼い主です。


一人で寝れないわけじゃないのだけど、ただ甘えてるのでしょうね。

面倒だけど・・・カワイイ。
カワイイけど・・・面倒。笑


でもそれも冬まで。
ヒーターがあると、ヒーターにべったりで抱っこして~はほとんどなくなります。
なんかちょっとヒドイ。笑





*オマケ*

お散歩中のボブ。
目がキラキラして、やっぱり家での顔と違うな~~~。
IMGP5030.jpg


Anniversary

1年前の9月14日はボブが我が家にやってきた日。


誕生日よりもこの日のほうがなんだか感慨深い気がします。

この日の日記を読み返すと、笑っちゃう。
天才だってー。笑
1年たった今天才犬ではないことがわかったけど、それでもボブが世界一♪


特別なにかするつもりはなかったけど、手術と長い長い安静生活をがんばったご褒美も兼ねてケーキとおもちゃをプレゼント。

IMGP4934.jpg

ケーキとお揃いのゴールドのリボンでちょっとおめかし。
IMGP4937.jpg

なんでもおいしく食べるボブだけど、このケーキへの興奮は異常・・・。
よだれまき散らして、待ってる間はプルプル震えちゃって!
今度何かあった時もここの注文してあげよう、と思いました。
IMGP4938.jpg

IMGP4945.jpg


朝は記念撮影して、クリームをちょっとだけ。



いよいよ・・・夜ご飯はこのケーキ丸ごと一個!

召し上がれ~。
IMGP4951.jpg

IMGP4963.jpg

・・・・・・・・。
IMGP4967.jpg

・・・・・・・・・・。
IMGP4968.jpg

IMGP4970.jpg

良かったね~。
あれだけ食べたのに、終わってからもずっとケーキをさがしてました。

IMGP4975.jpg



1周年記念には傷も治って元気に過ごせるといいな~と思ってたので、とっても嬉しい!

がんばったね~ボブ~。


マトリョーシカ

実はボブはマトリョーシカ。

IMGP4924.jpg


・・・だったらかわいいなぁ~。
ボブを開けるとちょっと小さいボブがいて、それを開けるともうちょっと小さいボブがいて、開けるとものすごく小さいボブがいて。

ステキ・・・。
IMGP4926.jpg




チェブラーシカのマトリョーシカを下において撮影しようとしたら
なぜかものすごく怖がって近寄らなかったボブちん。
オヤツで釣って少しづつ近寄らせました。
いったい何が怖いのか?
ボブのこわいツボがイマイチ理解できません。

脳内キャンプ

もう私の頭の中はキャンプでいっぱいなのです。
夫婦共々キャンプはほぼ未経験。(小学校でしたくらい)

超のつく初心者で、いろいろ調べても基本がわからなすぎて意味が理解できず。
キャンプ場の一区画ってキャンプひとつってこと?
なんでテントはあんなに値段がピンキリなの?
ランタンって本読めたりする明るさなの?
テントで寝て体痛くならないの?
っていうかそもそもキャンプって食べて寝るだけでいいの?

驚くほどの無知。

なのに私いきなりキャンプ用品一式欲しくなってます。


寛大な夫は私のしたい事・欲しいものに対して、決して反対はしないので
私を止められるものは何もないわけです。

でもそんな寛大な夫もさすがに不安らしく
『ゆかちゃん野外のトイレはいれないじゃない。大丈夫?』
『虫は絶対いるよ』
『最初はレンタルにしてみる?』
などやんわりアドバイスくれるわけですが、そんなの口だけだと何でも返せちゃうわけです。

でも確かに私は公園のトイレが大の苦手。
絶対使いません。
そして虫も異常なほどダメ。
前に住んでいる家に一度コックローチ(嫌いすぎて日本名かけない)が出た時は
仕事中の夫に泣いて電話し、タクシーで助けにきてもらいました。
しかもコックローチが出たリビングには行けなかったため玄関にも行けなかったので、
夫が高い塀を乗り越えて窓から家に入ってもらいました。
なぜかナメクジに不法侵入された時は、数メートル離れたところから
オタマで塩をかけまくり、塩一袋消費。
夫が帰宅した時には家中塩まみれ。
光に集まる蛾は夏の恐怖の風物詩。


でもねキャンプでだったら平気な気がするのです。
完全に勘違いでそんなわけないんだけど、そう思い込もうとしています。

キャンプ用品って最低限っていっても、思ったよりそうとういろいろ必要みたいです。
テントだけとってもテントの下に敷くものや中に敷くものやなんか杭みたいなのとか。
その他にもテーブル・イス・寝袋、できればマットレス的なもの・クーラーボックス・
タープとかいうテントの屋根だけあるみたいなやつ・バーベキューグッズ・ランタン(光は何個か必要みたい)

かなりの出費になりそうです。

これだけ揃えて、一回で懲り懲りって可能性もあるわけです。
家に置くにも場所を取ります。
しかも我が家の車は小さいのです。
そして初心者二人でテントを張ったり、バーベキューしたりもかなりあやしいものです。


わかってるんです。
やめたほうがいいですよね。

でも今日キャンプ用品店にボブと共に行き、展示してあったテントの中に入ってみて
ますます気持ちは高ぶってしまったのです。


もうここまでくるとキャンプに行きたいのか、キャンプ用品が欲しいのかもわかりません。
本当にわかりません。
キャンプ用品揃えたら満足してしまう可能性も高めです。



あぁ。 何かが私を止めてくれないとこのまま暴走してしまいそうです。




一歩ボブはお散歩再開3日目。
たまーに足に違和感ある感じの動きをするのが気になりますがいたって元気。
IMGP4854.jpg

夫が今日言いました。
『こんなに毎日かわいいなんて奇跡だよ。昨日もかわいかったのに今日もこんなにかわいいなんて! 明日はさすがにかわいくないかもしれないよ』
IMGP4855.jpg

ウインク☆
IMGP4856.jpg

とんだバカ夫婦です。
IMGP4869.jpg

ピッタリフィットするボブ。
IMGP4886.jpg

それは楽しいの?
IMGP4892.jpg



見張り

はぁ
IMGP4803.jpg

ねえ・・・
IMGP4805.jpg

おいなりさんつくってるでしょ?
IMGP4806.jpg

ねえ
IMGP4809.jpg

おいなりさんだよね?
IMGP4811.jpg

おいなりさん できたの?
IMGP4816.jpg

ねえ おいなりさんたべてるでしょ?
IMGP4830.jpg


 
今日もかなり厳しく見張られました。





本日、カラーを取ってみました。

2週間ぶりにカラーなし。
手術した右手はあまり気にせず、左手を舐めてました。
おバカなのか?
IMGP4832.jpg

久々にボブの顔に密着できて、カラー取れて喜んでるのは実は飼い主2人だったりします。
IMGP4838.jpg




イボ手術経過日記 7

本日病院。
患部もいい調子なのでやっと包帯とれましたっ。
今度は乾燥させないといけないので、舐めないようにカラーは付けっぱなしですが
もう90%治ったってとこかな?

昨日ちょっとした隙に庭に脱走して、走り回ったボブ。
この2週間ずっと安静生活だったのにいきなりダッシュしたため、なんとビッコひいたのですよ! もうかなり焦りました~。
もう大丈夫です。
たぶん筋肉が落ちて、ヒザにきたのだと思います。

ゆっくり筋肉戻しつつ、最近ちょうどサプリが切れてあげていなかったので再開しました。
ちなみに我が家のサプリはボマジールのシニア。
それまでもグルコサミンのサプリはあげていたけど、こちらは病院で処方された本格的なもの。
コストも月1000円程度とオススメです。


そして本日およそ2週間ぶりのお散歩。
本当は乾燥するまであと2、3日行かないほうがいいのだろうけど、もう患部は治ってるので靴下を履かせてちょっとだけ行きました。
想像を絶する興奮でグイグイグイグイしてたので、15分ほどで強制終了。
ちょっとだけだったけど、久々の散歩は楽しかったでしょうね~。

9月14日はボブが家族になってちょうど1年。
その日までエリザベスカラーもとって完治しますように!
っていうかシャンプーできますように!
もうずいぶん洗ってないのです~~~。
体の匂いはバイオ・ウィル・クリア様様のおかげで気にならないけど、ずっと包帯巻いてた足がクサイ~~~。
夫が『足なのにヘソゴマの香りがするよ』と不思議がっています。笑
もう酸っぱい香りさえ漂ってる愛犬の背中に顔をうずめて寝る夫婦です。


IMGP8370.jpg

IMGP8371.jpg

逆光 数枚
IMGP8376.jpg
IMGP8377.jpg
IMGP8379.jpg


世界一のオシリ。
IMGP8380.jpg




ボブの見張り番として映画三昧のインドアな生活を続けてたため、アウトドア派でもないしキャンプ経験もほとんどないくせに、いきおい余ってキャンプグッズ一式買ってしまいそうです。

イボ手術経過日記 6

手術から10日たった昨日、やっと抜糸まで漕ぎ着けました。フー・・・。
といってもまだ完治ではないのです。

まだ腫れているから包帯&カラー生活。
水曜に包帯はずし、患部を乾燥させる。
でもまだカラーはしたまま。

ってことで完治は今週末くらいかな?って感じです。



ボブはとっても元気!でもお散歩に行けないのですっかり筋肉落ちちゃいました。
あれだけ散歩大好きだったのに、これだけ行かないと行かない生活に慣れちゃって、
それはそれで不憫なんですけどね~。

普段だって留守番がほとんどないのに、今は24時間ずっと一緒なので
寂しがりやにも甘えん坊にも拍車がかかってます。
夫に見てもらってる間の30分のおでかけも、お風呂も、帰ると
『どこいってたの~?』ってジャンピングアタックで大歓迎。

とっても困ったちゃんなんだけど、そこがまたかわいいんだな~。笑
とにかくつねに私にひっつき虫になってます。
抱っこするとずーっとジーッと私を見つめてきて、もうなんだか赤ちゃんにしか
見えないのです。


IMGP4725.jpg

ジャスボニ家から借りたエリザベスは大好評で、みんなに爆笑していただけたようで。笑
今は遊ぶ時は普通のカラー。 寝る時はクッションと使い分け。
IMGP4737.jpg

せつない顔。
IMGP4739.jpg

最近のボブのお気に入りは、アサリのだし汁。
薬生活で肝臓に負担がかかっているだろうから、ご飯にかけてあげるんだけど
これがもうヨダレたらしながら喜びます。
IMGP4769_20080908205642.jpg

食べることをいつも以上に楽しみにしているようなので、いつもよりちょっと特別なご飯を
あげてうたらあっという間にプクプクに。
お散歩できるようになったらたっぷり運動しようね~。
IMGP4794.jpg




*オマケ*
包帯のうえからこんな靴下はいてます~。
IMGP4797.jpg

イボ手術経過日記 5

本日消毒日で病院へ。

うぅーーーん・・・。
経過はイマイチ。
やっぱり足裏はそうとう治るのに時間かかるらしい。


散歩も完全に抜糸が終わるまでは禁止例出されました。
そろそろ行けると思ってただけにガックリ。
ボブが不憫でなりません。



早く良くなりますように。
神様~お願いします。


IMGP4697.jpg


それでもボブが元気だし、今日ももちろん最高にかわいかったです。



イボ手術経過日記 4

先日ボブのエリザベスが人間に食い込んで痛い~と書いたところ、
ジャスボニ飼い主のyukaさんが、空気を入れて膨らますタイプのエリベスカラーをお借りできました~~~!

こんな感じなの。
かわいすぎて10分くらい笑い転げました。笑
IMGP4629_20080902202613.jpg

空気を膨らませてる時点でおもちゃと思ったみたいで興奮してたんだけど、実際付けると思ったより大きいせいかボブったら固まって全然動かないの!
IMGP4632.jpg

中に普段使うカラーが通せるようになってるのがすっごく便利。
IMGP4633.jpg

こう見ると手足も体も見えなくてまた笑える~~~。
IMGP4635.jpg

固まるボブ。
IMGP4636.jpg

ますます固まるボブ。
IMGP4642.jpg

でもしばらくすると、このまま寝ました。
今までよりずっと寝やすいでしょ~~~?
だって実はボブっていつも柔らかいもの(クッション、ソファ、人の腕など)に顔をうずめないと寝れないんですよっ。
これでいつも通り寝れるね~。
IMGP4644.jpg



これだと手が舐めれるかな~?と思ったけど、上手い具合に見えないらしく大丈夫!
今はすっかり慣れていい感じ♪
ジャスボニ家のみんな~~~本当に本当にありがとうっ!!
遠慮なくお借りしま~す。


ってことで不自由な生活から快適な生活に一歩前進です。






*オマケ*
薬の影響か、暇だからか、ますます食への執着がすごいボブ。
今はご飯しか楽しみがないしね・・・。
ってことでいつもより食事をちょっと変えたりしています。


今日の夕ご飯はミートソーススパゲッティ。(ミート抜き。笑)

IMGP4690.jpg


飼い主が『火を通したトマト好き』のため、今は安いのでいつも箱買い。
なのでボブもトマト料理が多くなります。 
なかなか減らずに一生懸命消費して『もういいや・・・』と思うのに
やっぱりまた買ってしまう。
最近人間もボブも1日1食はトマト使った料理。
ビタミン効果?心なしかみんな肌艶・毛艶がいいような気がします。

イボ手術経過日記 3

ずっと前から、もし次に全身麻酔することがあったらしようって決めてたことがあったのに・・・。
今回は急に決まってしまってバタバタしててすっかり忘れてたー。

マイクロチップ!

もちろん普通に麻酔ナシで注射で入れることもできますが、けっこう針が太くて
痛いみたい。
だから麻酔することがあったら入れようと思ってたのにー。

ボブがもし逃げたり迷子になって保健所とか考えただけで鳥肌・・・!

やっぱり思い切って無麻酔でもやったほうがいいのかな~?

もうちょっと考えてみます。


本日のボブはちょっと遊ぶ時間が増えました。
元気になってきたのは嬉しいけど、そうなるとこの軟禁生活が辛くなりそう・・・。
IMGP4576.jpg

ちょっと気分転換にカートに乗せて外へ出てみたけど、ものすごく歩きたがりました。
家での遊びも、ガミガミ系はヨダレで包帯濡れるのは厳禁だし、ひっぱりっこは
前足に力が入るのであまり良くない・・・。
とりあえず初めて木の噛めるおもちゃを買ってきて、手で持ってあげてみたけど
普通にむしゃむしゃおいしそうに欠片を食べて、目が完全に食べ物を前にした時の目になってたので没収。
手を使わないいい遊びはないものか・・・。
IMGP4585.jpg

ボブも暇だろうけど、包帯に舌が届くので今は全く目が離せないため付きっきりの私も相当つまらないっ。
買い物やお風呂は夫が見ている時に、それ以外はずっとボブが見えるとこ。
かといって来客があると興奮するだろうし・・・。
ヒ・・・ヒマですっ!!


IMGP4588.jpg




Pagination

Utility

プロフィール

YUKAーO

Author:YUKAーO
ボブ 

スペシャルかわいいフレンチブルドッグの男の子。
究極の甘えん坊で、我が家の永遠の赤ちゃんです。

食べることと公園と抱っこ大好き。

ただただボブのかわいさをだらだらのせるブログ。
有益な情報特になし。

いくつになったの

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。